美的情報、知っておきたいネタはこれだ!

MENU
2018/02/03 12:02:03 |
実際、バストアップクリームには女性ホルモンの分泌を増加させる成分が入っていますので、胸を大きくするという効果が期待されます。ただバストアップクリームを塗るだけで無く、肌へ浸透しやすくなるように優しくすり込んだ方がより効果があるでしょう。だからといって、あっというまに胸が育つわけではありません。小さな胸にコンプレックスを抱いていても、遺伝なのだから胸は大きくならないと考えている女性も多いかもしれません。ですが、バストのサイズは家系的な遺伝というよりも普段の生活の影響が大きいということです。ですから、豊胸手術に踏み切る前に、普段の生活を見直してみるべきかもしれません。バストアップを妨げる生活習慣を...
2018/01/14 06:16:14 |
マタニティクリームは油分と水分の配合量が過不足なく入っているので、浸透しやすいのが特徴です。また、つわりの時にも負担のない香り、もしくは無香料のものも多く見受けられます。ストレッチマークとは急激に大きくなるお腹に変化に耐えることができず、真皮が裂けて作られる傷のこと。妊娠してお腹が大きくなり始めたころから作られやすくなります。妊娠線は皮膚の奥の方の真皮のあたりにできるので、一度できてしまった妊娠線は消すことはできないと言われています。妊娠時にできる皮膚の断裂線の保湿ケアは入浴後に行うと良いです。身体が温かくなっているので血行が高まり、潤っているからです。妊娠線予防クリームの塗っていない場所がな...
2018/01/11 09:10:11 |
妊娠線はできてしまいやすい人とそうでない人がいたりします。妊娠線が作られやすい人とは「乾燥肌が気になる人」「年を重ねている人」「小さくて痩せている人」「脂肪がたっぷりある人」「双胎(二人)、品胎(三人)以上お腹にいる人」「二人目以降のお母さん」「遺伝的傾向」といったことが目立ちます。ですが、もしあなたが「妊娠線ができやすい人」でも問題として考えすぎないように。頻繁な潤いを補給することとゆっくり体重を増やすことで「妊娠の時の断裂線が作られなかった」といった女性もおられます。ストレッチマークを作りたくない人はできるだけ早いうちから保湿をスタートさせて、体重についても注意を払いましょう。妊娠線を防止...
2018/01/08 06:51:08 |
一般に売られている体用のクリームやオイルなどの保湿ケアグッズと妊娠時に使う保湿のためのクリーム、オイルはどのような差があるのでしょうか?ざっくり言うと、4つ、違うところがあります。「入っているものは何か」「芳香」「値段の高さ」「どこまで保湿してくれるのか」最初に、原料についてです。注意するべきは、「妊娠している」ということ。妊娠しているときは、ホルモンが妊娠前より大きく変わりやすいので、今まで大丈夫だった保湿クリームやオイルも肌荒れを起こしたり、何か違和感があったりすることが考えられます。ですが、妊娠時用として売られているものは妊娠していつもとお肌の状態が違っても使えるように低刺激な成分で製造...
2017/12/30 08:26:30 |
妊娠時のお腹の肉割れは短期間で大きくなっていくお腹のついていけず、真皮という組織が裂けて作られる断裂跡のこと。妊娠してお腹周りが大きくなったころから作られやすくなります。ストレッチマークは表皮の深部にある真皮細胞などに作られてしまうので、一度できてしまった妊娠線は元に戻せないと考えられています。ストレッチマークをできないようにするためにはいつ頃から始めるのが望ましいのでしょうか。お腹がまだ小さい頃は特に乾燥も気にならないので「大丈夫」と思っているのではないでしょうか。でも、もし本気でストレッチマークを防ぎたいならできるだけ早く保湿ケアすることをご提案します。妊娠時の肉割れができてしまいやすい部...
2017/12/28 17:41:28 |
一般に売られているボディ専用のクリームと妊娠線を防止するための保湿ケアグッズはどのような差があるのでしょうか?大きく分けて、ポイントは4か所です。「入っているものは何か」「におい」「値段の高さ」「保湿力」まず、中に入っている成分についてです。気を付けるべきなのは、「妊娠している」ということ。マタニティ期はホルモンバランスが妊娠前より崩れやすいので、ついこの間まで大丈夫だった保湿ケアグッズも吹き出物ができたり、かゆくなったりすることがあります。でも、マタニティ期専用のアイテムは妊娠していても使えるようにお肌のことを考えた成分で作っています。香りも異なります。ふつうの母子用保湿クリームは香料という...
2017/12/26 11:41:26 |
バストアップできる食べ物と言ったら、大豆製品や鶏肉、キャベツを連想する人が多いと思いますが、これらを一生懸命、食べたからといって、胸が大きくなるわけではないでしょう。バランスよく栄養を摂らなければ、せっかく大きくしようとしていたのに邪魔してしまう、なんてこともあるので、バランスよく栄養を摂取するよう心がけましょう。また、必要な部分に行き渡ってこその栄養ですのでストレッチするなどして血行をよくしてください。バストアップ効果抜群といわれる食品では、豆乳が最も有名ではないでしょうか。豆乳は大豆イソフラボンを多く含み、女性ホルモンと同様の作用があるらしいです。昔と違い、最近は飲みやすい味の豆乳が増えて...
2017/12/25 22:47:25 |
妊娠時にできる線は短期間で大きくなっていくお腹周りの皮膚がついていけず、皮膚の下にある真皮が裂け、できる断裂した傷跡のこと。妊娠5〜7か月でお腹のふくらみが目立つようになるなったころからできてしまいやすくなります。妊娠線は皮膚の深部にある真皮のあたりに作られてしまうので、断裂線が一度できると元に戻せないと考えるのが普通です。よくお店で見かける体用の保湿アイテムと妊娠線を防止するための保湿アイテムは何か違いがあるのでしょうか?大まかに分けると、4つの違いがあります。「何が入っているのか」「かおり」「値段の高さ」「どこまで潤してくれるのか」まず、何が入っているのかについてです。注意しなければいけな...
2017/12/03 06:54:03 |
一般に売られている体用のクリームやオイルなどの保湿ケアグッズと妊娠線を予防するための保湿のためのクリーム、オイルはどう違いがあるのでしょうか?大きく分けて、違うところは4つです。「中に入っている成分」「かおり」「安さ」「どこまで潤してくれるのか」まず、何が入っているのかについてです。気を付けなければいけないのは、「マタニティ期だ」ということ。お腹に赤ちゃんがいる時は、ホルモンのバランスが妊娠前より大きく変化するので現在まで特に問題がなかった保湿アイテムも吹き出物ができたり、「かゆい!」と感じたりすることも。ですが、専用のクリームやオイルは、妊娠していても使っても大丈夫なようにお肌に刺激の少ない...
2017/11/24 06:38:24 |
市販されているボディクリームと妊娠時に使う保湿のためのクリーム、オイルは何か違いがあるのでしょうか?大きく分けて、4つ、違うところがあります。「成分」「匂い」「金額」「どこまで保湿してくれるのか」まず、入っているものは何かということです。注意しなければいけないのは、「マタニティ期だ」ということ。お腹に子どもがいる時は、ホルモンのバランスが通常より崩れやすいので、現在まで特に大丈夫だった保湿クリームやオイルも吹き出物ができたり、「かゆい!」と感じたりすることが考えられます。でも、マタニティ期専用のアイテムは妊娠していても大丈夫なようにお肌のことを考えた成分でできています。芳香についても違います。...