美的情報、知っておきたいネタはこれだ!

MENU

妊娠線予防クリーム4

妊娠線はできてしまいやすい人とそうでない人がいたりします。

 

妊娠線が作られやすい人とは「乾燥肌が気になる人」「年を重ねている人」「小さくて痩せている人」「脂肪がたっぷりある人」「双胎(二人)、品胎(三人)以上お腹にいる人」「二人目以降のお母さん」「遺伝的傾向」といったことが目立ちます。ですが、もしあなたが「妊娠線ができやすい人」でも問題として考えすぎないように。頻繁な潤いを補給することとゆっくり体重を増やすことで「妊娠の時の断裂線が作られなかった」といった女性もおられます。

 

 

 

ストレッチマークを作りたくない人はできるだけ早いうちから保湿をスタートさせて、体重についても注意を払いましょう。

 

妊娠線を防止方法はいつからスタートするべきでしょうか。
腹部が目立たないうちは特に乾燥も気にならないので「問題ない」と思うかもしれません。
しかし、本気で妊娠線を防ぎたいなら可能な限り早く肌を潤すことをご提案します。
肉割れ予防クリームの塗っていないところがないように、下っ腹や臀部、背部など、一人では塗ることが難しい部分は、旦那さんにも手伝ってもらいながら潤すためのケアをすると、塗り残しを防ぐことができます。妊娠線の保湿ケアはお風呂から上がった後に行うことが大切です。

 

身体が温いので血が全身に行きわたっており、うるおいが全身に満ちているからです。

 

 

 

一般に売られているボディ専用のクリームと妊娠線を防止するための保湿アイテムはどのような差があるのでしょうか?大体、違いは4つあります。

 

 

 

「原料」「芳香」「価格」「保湿ケア力」まず、何が入っているのかについてです。
注意しなければいけないのは、「妊娠中」だということ。マタニティ期はホルモンバランスが妊娠前より大きく変化するので今まで大丈夫だった保湿ケアグッズもニキビができたり、かゆみを感じたりします。
その点、専用のものは、敏感肌の時期でも問題ないように低刺激な成分で作られています。

 

においについても違いがあります。

 

市販されているボディクリームやオイルは香料という余分なものが入っていたり、ホルモンが分泌されるようなアロマオイルが入っていたりします。つわりの間はいつも以上に香りが気になりますし、妊娠の間は使用できないアロマオイルが入っていることもあるので気を付けなければいけません。金額の点でもよく目にするものは安い場合が比較的に多い傾向にありますが、妊娠しているとき専用のものは支払うお金がやや増えてしまう場合が多いでしょう。

 

また、保湿についても違いがあります。

 

妊娠時にできる肉割れは真皮がひび割れてしまう状態なので、内側を保湿する必要があるというのはお分かりいただけることと思います。
ゆえに、保湿成分が豊富で、できるだけ真皮の方まで潤いが届く処方のものの方が安心感があります。
ストレッチマークを作りたくないのであれば、もし妊娠線が体にできてしまっても仕方がないと思えるものを選ぶようにしてくださいね。
身体をゆるやかにマッサージをしながら妊娠線予防アイテムを塗っていくことで、心身のリラックス効果も期待できるでしょう。

 

 

 

お腹にいるあなたの赤ちゃんに声をかけながらリラックスした気分で妊娠線予防を行うのもおすすめです。

 

>>妊娠線予防をしたい人はこれがおすすめ!ランキング形式でアイテムをご紹介します