美的情報、知っておきたいネタはこれだ!

MENU

妊娠線予防クリーム13

マタニティクリームは油分と水分の配合量が過不足なく入っているので、浸透しやすいのが特徴です。また、つわりの時にも負担のない香り、もしくは無香料のものも多く見受けられます。ストレッチマークとは急激に大きくなるお腹に変化に耐えることができず、真皮が裂けて作られる傷のこと。
妊娠してお腹が大きくなり始めたころから作られやすくなります。

 

妊娠線は皮膚の奥の方の真皮のあたりにできるので、一度できてしまった妊娠線は消すことはできないと言われています。妊娠時にできる皮膚の断裂線の保湿ケアは入浴後に行うと良いです。身体が温かくなっているので血行が高まり、潤っているからです。
妊娠線予防クリームの塗っていない場所がないよう、下腹部や臀部、背中など、一人では塗ることが難しい部分は、あなたの旦那様にも手伝ってもらいながら潤すためのケアをすると、ケアできない状態を予防できます。

 

妊娠線オイルと妊娠時に使うクリームの差異としては油と水の配合量です。妊娠線専用のオイルは妊娠線クリームよりも油分の配合量が多いので、しっとりする力は基本的に高いとされています。
ですが、妊娠線専用のオイルは方向や使用感がクリームのそれとはまったく違うので苦手な人もいます。

 

 

 

妊娠時にできる線をできないようにするためにはいつからスタートするべきでしょうか。お腹がまだ小さい頃は特に乾燥も気になったりしないので「問題なし」と思われるかもしれません。しかし、本気で妊娠時にできる線を作りたくないなら可能な限り早く保湿ケアすることをご提案します。妊娠時の線ができてしまいやすい部分はお腹周りの他にもバストやヒップ、太ももなどがあります。つまり、脂肪が多い部分に出現するということなんです。太ももやお尻といった後ろの部分はかなり見えにくいので意識してクリームやオイルで潤しましょう。お腹周辺がスイカのように丸々してくると下っ腹がチェックしにくくなるので注意してケアすることがポイントです。市販されている体用のクリームやオイルなどの保湿ケアグッズと妊娠線を防止するための保湿ケアグッズはどういった点が違うのでしょうか?ざっくり言うと、4つの違いがあります。「入っているものは何か」「におい」「安さ」「どこまで潤してくれるのか」まず、入っているものは何かということです。

 

注意するべきは、「マタニティ期だ」ということ。
妊娠中はホルモンのバランスが妊娠前より変化しやすいので、ついこの間まで問題が見られなかった保湿ケアグッズも肌荒れを起こしたり、かゆみを感じたりすることも。

 

その点、専用のものは、妊娠していつもとお肌の状態が違っても大丈夫なように低刺激な成分で作られています。

 

 

 

香りについても違いがあります。
市販のボディクリームは香料が使われているものがあったり、ホルモンに影響を及ぼすアロマ入りだったりします。つわり中は特に香りで気持ち悪くなる場合もありますし、妊娠時は不適切なエッセンシャルオイルが成分に含まれていることもあるので、気を付けなければいけません。
値段についても市販のものは安価で買えるものが多いですが、妊娠時に使うものは少し値段が高くなっているものが多いと思われます。

 

また、保湿についても違うところがあります。
ストレッチマークは真皮が裂けてできる状態なので、防ぐためには内側を保湿する必要があるのです。ですので、保湿力が高く、可能な限り肌の奥の方まで潤いが届く処方のものの方が効果が期待できます。

 

ストレッチマークを防止するためには、万一妊娠線ができてしまっても「専用のものを使えばよかった」と思わないようなものを購入することをおすすめします。

 

妊娠線 クリーム 口コミ