妊娠線予防についての情報

MENU

妊娠線予防についての情報

お腹の肉割れをできないようにするためにはいつからスタートするべきでしょうか。

 

お腹が目立たないぐらい小さい頃はかゆみも気になったりしないので「まだ大丈夫」と考えておられるかもしれません。ですが、もし本当にお腹の肉割れを予防したいならできるだけ早い時期から肌を潤すことをおすすめします。

 

ドラッグストアなどに置いてある体用の保湿アイテムと妊娠線を予防するための保湿ケアグッズはどのような差があるのでしょうか?
大きく分けて、ポイントは4か所です。「何が入っているのか」「香り」「安さ」「保湿力の高さ」

 

まず、中に入っている成分についてです。
注意するべきは、「マタニティ期だ」ということ。お腹に赤ちゃんがいる時は、女性ホルモンがいつもよりも大きく変わりやすいので、今まで特に肌に合っていた肌ケアアイテムも荒れてしまったりヒリヒリ感があったりすることがあります。
その点、妊娠しているとき用に作られているものは、ホルモンバランスが崩れやすい時期でも使えるように低刺激な成分で製造されています。

 

芳香についても違いがあります。市販のボディクリームは香りづけの余計な成分が入っていたり、ホルモンに影響を及ぼすアロマオイルが入っていたりします。つわりで苦しいときは特に香りで気持ち悪くなる場合もありますし、妊娠時は不適切なアロマオイルが入っていることもあるので気を付けなければいけません。

 

価格に関しても一般的に売られているものは安価で買えるものが多いのですが、マタニティ専用のものは少し値段が高くなっているものが多い傾向にあります。

 

また、保湿力に関しても違うところがあります。ストレッチマークは真皮が裂けてできる状態なので、保湿r成分が肌の奥まで浸透する必要があるのです。なので、保湿力が高くできるだけ真皮の方まで保湿成分が行きわたるようなものの方が安心でしょう。

 

妊娠しているときにできる肉割れをできたくないのであれば、万一妊娠線ができてしまっても後悔しないものを選ぶようにしてくださいね。

 

 

妊娠時の線が作られやすいところはお腹周りの他にも胸やお尻、太ももがあります。いわゆる、脂肪がたくさんある箇所ができてしまいやすいということです。
ヒップ、そして太ももの後ろ側は特に見えにくいので忘れないように保湿クリームやオイルを塗りましょう。お腹周辺がスイカのように丸々してくると下部が見えにくくなるので意識して潤してあげることが大切です。

 

妊娠時の肉割れは現れやすい人とそうでない人がおります。妊娠時の断裂線ができてしまいやすい人とは「乾燥肌が気になる人」「高齢出産の人」「小さくて痩せている人」「脂肪がたっぷりある人」「双子や三つ子などの多胎妊娠」「経産婦」「母親のお腹に妊娠線がある人」といった特徴が目立ちます。

 

でも、もしあなたが「妊娠線ができやすい人」でも問題として考えすぎないように。毎朝、毎晩の保湿対策と体重を急に増やさないことで「妊娠線が表出しなかった」というお母さんももちろんいます。妊娠線を防ぎたい人は可能な限り早めにクリームやオイルを塗って、体重管理も気を付けましょう。

 

妊娠時にできる線はどんどん大きくなっていくお腹の変化に耐えることができず、皮膚の下にある真皮が裂け、できてしまう断裂した傷跡のこと。妊娠して腹部のふくらみが目立ち始めることから表れやすくなります。ストレッチマークは皮膚の深部にある真皮のあたりにできてしまうので、一度できてしまった妊娠線は消すことはできないと言われるのが一般的です。

 

妊娠線予防にはmiteteマタニティクリームが良いってホント?