妊娠線予防についてA

MENU

妊娠線予防についてA

市販されているボディクリームと妊娠時に使う保湿のためのクリーム、オイルは何か違いがあるのでしょうか?大きく分けて、4つ、違うところがあります。「成分」「匂い」「金額」「どこまで保湿してくれるのか」まず、入っているものは何かということです。注意しなければいけないのは、「マタニティ期だ」ということ。お腹に子どもがいる時は、ホルモンのバランスが通常より崩れやすいので、現在まで特に大丈夫だった保湿クリームやオイルも吹き出物ができたり、「かゆい!」と感じたりすることが考えられます。でも、マタニティ期専用のアイテムは妊娠していても大丈夫なようにお肌のことを考えた成分でできています。芳香についても違います。よくお店で見るような体用の保湿グッズは香りづけの余計な成分が入っていたり、ホルモンが分泌されるようなエッセンシャルオイルが使用されていたりします。つわりの期間は特に香りによって気分が悪くなることもありますし、妊娠中禁忌のアロマが用いられていることもあるので、気を付けなければいけません。値段についてもよく目にするものは安く入手できることが比較的に多い傾向にありますが、妊娠時に使うものは支払うお金がやや増えてしまう場合が多いと思われます。また、保湿についても差異があります。妊娠時の断裂線は真皮がひび割れてしまう状態なので、防ぐためには外側だけでなく、内側も保湿する必要があると考えられています。ゆえに、保湿成分が豊富で、可能な限り真皮まで潤いが届く処方のものの方が安心でしょう。妊娠時の肉割れをできたくないのであれば、もし妊娠線が体にできてしまっても仕方がないと思えるものを購入するようにしてくださいね。妊娠時のお腹の肉割れは急激に大きくなっていくお腹の変化に耐えられず、真皮という組織が裂けて作られる傷跡のこと。妊娠5〜7か月でお腹が大きくなり始めたころから表れやすくなります。妊娠線は表皮の深部にある真皮細胞などにできるので、一度できてしまった妊娠線は治すのは不可能と考えるのが普通です。妊娠線は作られやすい人、作られにくい人がいたりします。ストレッチマークが作られやすい人とは「乾燥肌が気になる人」「高齢出産の人」「小さくてスマートな人」「皮下脂肪が多い人」「双子、三つ子を妊娠している人」「経産婦」「お母さんに妊娠線がある人」という項目がよくあります。でも、もし「妊娠線、できやすいタイプだ」と感じても問題として考えすぎないように。頻繁な妊娠線予防のケアと体重を急に増やさないことで「妊娠線が表出しなかった」というお母さんもおられます。妊娠の時にできる線を防ぎたい人は可能な限り早めに保湿を始めて、体重管理も意識しておきましょう。妊娠時の肉割れができてしまいやすい部分はお腹以外でも太もも、お尻、胸などもできやすいです。つまり、お肉がたっぷりある部分ができやすいということです。太ももやお尻といった背面は特に確認しづらいので注意して肌に潤いを与えてあげましょう。そして、腹部が大きくなると下の方が確認しづらくなるので特に丁寧に潤してあげることがポイントです。ストレッチマークを防止方法はいつ頃からスタートするべきでしょうか。腹部が小さい頃はピリピリ感もないので「大丈夫」と思うかもしれません。しかし、本気で妊娠時にできる線を予防したいならできるだけ早く保湿することをご提案します。

 

→必見!妊娠線予防の人気商品ランキングはこちら!