妊娠線予防クリーム7

MENU

妊娠線予防クリーム7

一般に売られている体用のクリームやオイルなどの保湿ケアグッズと妊娠線を予防するための保湿のためのクリーム、オイルはどう違いがあるのでしょうか?大きく分けて、違うところは4つです。「中に入っている成分」「かおり」「安さ」「どこまで潤してくれるのか」まず、何が入っているのかについてです。
気を付けなければいけないのは、「マタニティ期だ」ということ。
お腹に赤ちゃんがいる時は、ホルモンのバランスが妊娠前より大きく変化するので現在まで特に問題がなかった保湿アイテムも吹き出物ができたり、「かゆい!」と感じたりすることも。ですが、専用のクリームやオイルは、妊娠していても使っても大丈夫なようにお肌に刺激の少ない処方で製造されています。
香りも異なっています。
よくお店で見るような体用の保湿グッズは香料が使われていたり、ホルモンに働きかけるアロマ入りだったりします。

 

つわりの期間は特に香りで吐き気を催すこともありますし、妊娠の間は使用できないアロマオイルが入っていることもあるので気を付けなければいけません。
金額の点でも市販のものは安価であることが多く見受けられますが、妊娠中に使うものは支払うお金がやや増えてしまう場合が多い傾向にあります。

 

また、保湿による効果に関しても差異があります。妊娠時にできる肉割れは真皮が裂けてできる状態なので、防ぐためには保湿r成分が肌の奥まで浸透する必要があるというのはお分かりいただけることと思います。

 

ですので、保湿力が高く、可能な限り肌の奥の方まで潤してくれるものの方が安心です。

 

 

 

妊娠時の肉割れを予防したいなら、もし妊娠線が体にできてしまっても「専用のものを使えばよかった」と思わないようなものを選ぶようにしてくださいね。妊娠時にできる線は急に大きくなっていくお腹の変化に耐えることができず、真皮という組織が裂けてできる傷のこと。妊娠してしばらく経ちお腹が大きくなり始めたころから表れやすくなります。妊娠時のお腹の肉割れは皮膚の深部にある真皮のあたりにできるので、一旦できてしまうと治すのは不可能と言われています。妊娠時の線が作られやすいところはお腹の他にも胸、お尻、太ももといった場所が危険です。つまり、お肉がたっぷりある箇所ができてしまいやすいということです。

 

ヒップ、そして太もものふだん目に見えにくいところは特に見えにくいので意識して保湿ケアをしましょう。

 

それだけでなく、お腹周りが大きくなり始めると下腹部が見えにくくなるので特に丁寧にクリームやオイルを塗ることが必要です。お腹の肉割れを防ぐ方法はいつ頃からスタートするのが良いのでしょうか。腹部が目立たないうちはピリピリ感も気になったりしないので「まだ大丈夫」と思うかもしれません。

 

 

 

が!本当に妊娠線を作りたくないならできるだけ早い時期から保湿することをおすすめします。妊娠した時の線はできてしまいやすい人とそうでない人がいたりします。妊娠時の断裂線が作られてしまいやすい人とは「ドライ肌の人」「高齢での出産に臨む人」「小柄でスリムな人」「太目の人」「双子や三つ子などの多胎妊娠」「経産婦」「母親が妊娠線持ち」といったことが挙げられます。

 

でも、もしあなたに当てはまる項目が多くても問題として考えすぎないように。

 

きちんと潤いを補給することと体重を急に増やさないことで「妊娠時の肉割れが現れなかった」という先輩ママさんも存在します。

 

 

 

ストレッチマークを防ぎたい人はできるだけ早く保湿をスタートさせて、体重も増やさないように注意しましょう。

 

⇒マザークリームならこれ!おすすめのアイテムはこちら