美的情報、知っておきたいネタはこれだ!

MENU

妊娠線予防クリーム9

妊娠時にできる線は短期間で大きくなっていくお腹周りの皮膚がついていけず、皮膚の下にある真皮が裂け、できる断裂した傷跡のこと。
妊娠5〜7か月でお腹のふくらみが目立つようになるなったころからできてしまいやすくなります。

 

妊娠線は皮膚の深部にある真皮のあたりに作られてしまうので、断裂線が一度できると元に戻せないと考えるのが普通です。
よくお店で見かける体用の保湿アイテムと妊娠線を防止するための保湿アイテムは何か違いがあるのでしょうか?大まかに分けると、4つの違いがあります。「何が入っているのか」「かおり」「値段の高さ」「どこまで潤してくれるのか」まず、何が入っているのかについてです。

 

注意しなければいけないのは、「妊娠中」だということ。

 

 

 

マタニティ期はホルモンのバランスが妊娠前より大きく変化するので今まで大丈夫だった保湿ケアグッズも吹き出物ができたり、「かゆい!」と感じたりすることが考えられます。でも、マタニティ期専用のアイテムは敏感肌の時期でも問題ないように低刺激な成分で作られています。においも違いがみられます。ふつうの母子用保湿クリームは香りづけの余計な成分が入っていたり、ホルモンに影響を及ぼす精油が入っていたりします。つわりで苦しいときは特に香りで気持ち悪くなる場合もありますし、妊娠時は不適切なエッセンシャルオイルが成分に含まれていることもあるので、気を付けなければいけません。

 

 

値段についても一般的に売られているものは安価であることが多いのですが、妊娠中に使うものは若干価格が高いものが多くなっています。また、保湿ケアの力に関しても違いがあります。妊娠時にできる線は真皮が裂けてできる状態なので、外側だけでなく、内側も保湿する必要があるのです。なので、保湿力が高く可能な限り肌の奥の方まで潤してくれるものの方が安心できるということです。
妊娠時の肉割れを作りたくないのであれば、もしストレッチマークができても「これでできてしまったなら仕方ない」と思えるようなものを選ぶようにしてくださいね。

 

妊娠時の肉割れが作られやすいところはお腹周りの他にも太もも、お尻、胸などもできやすいです。いわゆる、脂肪がたくさんある部分に出現するということなんです。

 

 

ヒップ、そして太もものふだん目に見えにくいところは特に確認しづらいので意識して保湿ケアをしましょう。

 

お腹周辺がスイカのように丸々してくると下部がわかりにくくなるので注意して潤してあげることが重要です。お腹の肉割れを防止方法はどの時期から始めるといいのでしょうか。
腹部が目立たないうちは特に乾燥もないので「まだ大丈夫」と考えておられるかもしれません。ですが、もし本当に妊娠線を作りたくないならできるだけ早い時期からクリームやオイルを塗ることをご提案します。ストレッチマークはできやすい人とできにくい人が存在します。

 

妊娠時の断裂線ができてしまいやすい人とは「乾燥肌が気になる人」「年を重ねている人」「小さくて痩せている人」「太目の人」「双子や三つ子などの多胎妊娠」「出産経験がある人」「お母さんに妊娠線がある人」という項目が挙げられます。

 

そうはいっても、もしあなたに当てはまる項目が多くても心配しすぎないようにしてください。毎朝、毎晩の妊娠線予防のケアと体重を急に増やさないことで「妊娠の時の断裂線ができなかった」というお母さんももちろんいます。妊娠線を作りたくない人は今すぐにケアを始めて、体重の調整にもチェックしましょう。

 

→妊娠線が消えるってホント!?クリームをお探しの方はこちらから