美的情報、知っておきたいネタはこれだ!

MENU

妊娠線予防クリーム2

一般に売られているボディ専用のクリームと妊娠線を防止するための保湿ケアグッズはどのような差があるのでしょうか?大きく分けて、ポイントは4か所です。「入っているものは何か」「におい」「値段の高さ」「保湿力」まず、中に入っている成分についてです。

 

 

 

気を付けるべきなのは、「妊娠している」ということ。

 

マタニティ期はホルモンバランスが妊娠前より崩れやすいので、ついこの間まで大丈夫だった保湿ケアグッズも吹き出物ができたり、かゆくなったりすることがあります。
でも、マタニティ期専用のアイテムは妊娠していても使えるようにお肌のことを考えた成分で作っています。
香りも異なります。

 

 

ふつうの母子用保湿クリームは香料という余分なものが入っていたり、ホルモンに働きかける精油が使われたりします。

 

つわりの期間は特に香りが気になりますし、妊娠中に使ってはいけない精油が使われていたりするので注意を払いましょう。値段についても市販のものは安く入手できることが多いですが、妊娠中に使うものは若干価格が高いものが多いと思われます。

 

また、お肌を潤す力についても差異があります。妊娠時にできる線は真皮にヒビができてしまうので、肌の内側まで保湿成分を染み込ませる必要があるのです。ですので、保湿力が高く、可能な限り真皮まで保湿する力が高い方が安心感があります。妊娠しているときにできる肉割れを食い止めたいのであれば、万一妊娠線ができてしまっても後悔しないものを選ぶようにしてくださいね。妊娠した時の線はできやすい人とできにくい人が存在します。
妊娠時の肉割れが作られやすい人とは「肌が乾燥している人」「高齢出産の人」「もともと細身の人」「ぽっちゃりさん」「お腹に二人以上子どもがいる人」「一度妊娠、出産を終えた人」「自分のお母さんにマタニティマークがある人」といったことが目立ちます。
でも、もしあなたに当てはまる項目が多くても心配しすぎないようにしてください。頻繁な保湿対策と体重チェックで「マタニティマークが表出しなかった」という人ももちろんいます。

 

ストレッチマークを防ぎたい人は可能な限り早めにケアを始めて、体重管理も意識しておきましょう。妊娠線ができやすい場所とはお腹周りの他にも胸やお尻、太ももがあります。

 

 

いわゆる、脂肪があって柔らかい部分ができやすいということです。

 

 

 

お尻や太ももの部分などふだん目に見えにくいところは特に見ることが難しいので忘れないように肌に潤いを与えてあげましょう。また、お腹が大きくなると下っ腹が確認しづらくなるので特に丁寧に潤してあげることが重要です。妊娠線とは短期間で大きくなっていくお腹の皮膚が変化に耐えることができず、皮膚の下にある真皮が裂け、できる傷跡のこと。

 

妊娠して腹部のふくらみが目立ち始めることからできてしまいやすくなります。

 

ストレッチマークは表皮の奥の真皮細胞などに発生するので、一度できてしまった妊娠線は元に戻せないと言われるのが一般的です。

 

お腹の肉割れを予防するためにはいつ頃から始めるのが望ましいのでしょうか。

 

腹部が小さいうちはかゆみも感じないので「問題なし」と思っているのではないでしょうか。ですが、もし本当にストレッチマークを作りたくないなら可能な限り早く肌を潤すことをご提案します。

 

 

動画もついてる妊娠線予防クリーム口コミランキング情報はこちらをチェックしてみてくださいね^^