美的情報、知っておきたいネタはこれだ!

MENU

妊娠線予防クリーム5

妊娠時のお腹の肉割れは短期間で大きくなっていくお腹のついていけず、真皮という組織が裂けて作られる断裂跡のこと。妊娠してお腹周りが大きくなったころから作られやすくなります。

 

 

 

ストレッチマークは表皮の深部にある真皮細胞などに作られてしまうので、一度できてしまった妊娠線は元に戻せないと考えられています。
ストレッチマークをできないようにするためにはいつ頃から始めるのが望ましいのでしょうか。
お腹がまだ小さい頃は特に乾燥も気にならないので「大丈夫」と思っているのではないでしょうか。でも、もし本気でストレッチマークを防ぎたいならできるだけ早く保湿ケアすることをご提案します。
妊娠時の肉割れができてしまいやすい部分はお腹の他にも胸やお尻、太ももがあります。いわゆる、脂肪がたくさんある箇所ができてしまいやすいということです。
太ももやお尻など後ろの部分はかなりチェックを忘れがちなので忘れないように保湿クリームやオイルを塗りましょう。
お腹周辺がスイカのように丸々してくると下の方が確認しづらくなるので特に丁寧にクリームやオイルを塗ることが必要です。

 

 

妊娠した時の線はできる人、できない人がいたりします。
妊娠した時の線ができてしまいやすい人とは「ドライ肌の人」「高齢で赤ちゃんを産む人」「もともと細身の人」「脂肪がたっぷりある人」「お腹に二人以上子どもがいる人」「一度妊娠、出産を終えた人」「遺伝的傾向」といったことが目立ちます。

 

ですが、もし「妊娠線、できやすいタイプだ」と感じても問題として考えすぎないように。毎朝、毎晩の保湿と体重を急に増やさないことで「妊娠時の肉割れが防げた」といった女性も存在します。

 

 

妊娠の時にできる線を作りたくない人はできるだけ早くケアを始めて、体重についても注意しましょう。

 

ドラッグストアなどに置いてあるボディ専用のクリームとストレッチマークを作らないための保湿アイテムはどういった点が違うのでしょうか?実は、4つの違いがあります。「成分」「匂い」「安さ」「保湿ケア力」まず、入っているものは何かということです。

 

注意するべきは、「マタニティ期だ」ということ。マタニティ期は女性ホルモンが妊娠していない時よりも崩れやすいので、現在まで特に問題がなかった肌ケアアイテムも肌荒れを起こしたり、かゆくなったりするんです。

 

 

 

ですが、専用のクリームやオイルは、妊娠していつもとお肌の状態が違っても問題ないように低刺激な成分でできています。

 

 

 

香りも違いがみられます。よくお店で見るような体用の保湿グッズは香料という余分なものが入っていたり、ホルモンに影響のあるエッセンシャルオイルが使用されていたりします。妊娠初期のころは特に香りに敏感になりますし、妊娠の間は使用できないアロマが用いられていることもあるので、気を付けるべきです。

 

値段についても一般的に売られているものは安く入手できることが多数ですが、マタニティ期に使うものはやや高価な場合が多いです。
また、保湿による効果に関しても違います。

 

 

 

妊娠線は真皮にヒビができてしまうので、外側だけでなく、内側も保湿する必要があるんです。

 

なので、保湿力が高く可能な限り肌の奥の方まで保湿してくれるものの方が安心でしょう。

 

 

妊娠時にできる断裂線を防止するためには、もし妊娠線が体にできてしまっても気持ちが切り替えられるようなものを購入するようにしてくださいね。

 

これから妊娠線予防するあなたはこの人気ランキングは観ておいた方が良いと思います。