美的情報、知っておきたいネタはこれだ!

MENU

妊娠線予防クリーム18

一般に売られている体用のクリームやオイルなどの保湿ケアグッズと妊娠時に使う保湿のためのクリーム、オイルはどのような差があるのでしょうか?ざっくり言うと、4つ、違うところがあります。

 

「入っているものは何か」「芳香」「値段の高さ」「どこまで保湿してくれるのか」最初に、原料についてです。

 

 

 

注意するべきは、「妊娠している」ということ。

 

 

 

妊娠しているときは、ホルモンが妊娠前より大きく変わりやすいので、今まで大丈夫だった保湿クリームやオイルも肌荒れを起こしたり、何か違和感があったりすることが考えられます。ですが、妊娠時用として売られているものは妊娠していつもとお肌の状態が違っても使えるように低刺激な成分で製造されています。

 

 

芳香についても違います。よくお店で見るような体用の保湿グッズは香りづけの余計な成分が入っていたり、ホルモンに影響のあるアロマオイルが入っていたりします。
妊娠初期のころは特に香りで吐き気を催すこともありますし、妊娠中に使ってはいけないアロマオイルが入っていることもあるので気を付けましょう。
金額の点でも市販のものは安価で買えるものが多いですが、マタニティ専用のものはやや高価な場合が多いです。また、保湿力に関しても異なっています。

 

 

 

妊娠時の断裂線は真皮がひび割れてしまう状態なので、内側から潤す必要があるというのはお分かりいただけることと思います。

 

 

 

なので、保湿力が高く可能な限り真皮まで保湿する力が高い方が安心でしょう。妊娠時にできる断裂線を予防したいなら、もし妊娠線が体にできてしまっても気持ちが切り替えられるようなものを購入することをおすすめします。
ストレッチマークは作られやすい人、作られにくい人がいます。

 

ストレッチマークが作られやすい人とは「カサカサ肌の人」「高齢出産の人」「もともと細身の人」「太目の人」「双子、三つ子を妊娠している人」「出産経験がある人」「遺伝的傾向」といったケースがよくあります。そうはいっても、もし、「私、妊娠線できやすいタイプかも」と思っても気に病まないでください。

 

 

 

毎朝、毎晩の潤いを補給することとゆっくり体重を増やすことで「妊娠線が防げた」というお母さんもいます。

 

妊娠線を防止したい人は知った今から保湿をスタートさせて、体重管理も気を付けましょう。妊娠時にできる線は急激に大きくなっていくお腹周りの皮膚がついていけず、皮膚の下にある真皮が裂け、作られてしまう傷のこと。妊娠してしばらく経ち腹部のふくらみが目立ち始めることからできやすくなります。

 

妊娠時にできる線は表皮の深部にある真皮に発生するので、一旦できてしまうと治すのは不可能と考えるのが普通です。

 

 

妊娠線ができやすい場所とはお腹以外でも太もも、お尻、胸などもできやすいです。

 

 

 

いわゆる、脂肪があって柔らかい部分に出現するということなんです。

 

太ももやお尻など背面は特に見ることが難しいので注意して肌に潤いを与えてあげましょう。

 

お腹周辺がスイカのように丸々してくると下部がチェックしにくくなるので特に丁寧に潤してあげることが必要です。
妊娠時にできる線を予防するためにはどの時期から始めるのが望ましいのでしょうか。
腹部がまだ目立たないうちはピリピリ感も気になったりしないので「まだ大丈夫」と思われるかもしれません。が!本当に妊娠線を防ぎたいなら今すぐに保湿することを勧めます。

 

>>妊娠線予防の人気ランキング、気になるあなたはこちらを要チェック!!<<